終末の時代とは?

終末の時代とはイエス・キリストの再臨前に起きる数々の出来事を指す。世界の救い主イエス・キリストとその王国を中心に、聖書は書かれてると我らは固く信じる。

イエス・キリストの最初の訪れと再臨、そして終末の時代に関する予言を、神様はダニエル、エゼキエル、ゼパニヤ、ザカリヤ、エレミヤ、イザヤ等の旧約聖書時代の預言者達に預けた。

終末の時代という時期を示す表現は他に聖書の中にある。例えば:

  1. 終わりの日 – マタイ24章14節

「この御国の福音は全世界に宣べ伝えられて、すべての国民にあかしされ、それから、終わりの日が来ます。」

  • 終わりの時 – ユダ1章18節

終わりの時には、自分の不敬虔な欲望のままにふるまう、あざける者どもが現われる。」

彼らはあなたがたにこう言いました。「終わりの時には、自分の不敬虔な欲望のままにふるまう、あざける者どもが現われる。」

  • 終わりの時 – ダニエル12章9節

「彼は言った。「ダニエルよ。行け。このことばは、終わりの時まで、秘められ、封じられているからだ。」

  • 終わりの時 – ヨハネの第1手紙2章18節

「小さい者たちよ。今は終わりの時です。あなたがたが反キリストの来ることを聞いていたとおり、今や多くの反キリストが現われています。それによって、今が終わりの時であることがわかります。」

終末の時代を示す表現は神のみ言葉の中に他数々ある。

Index