終末の時代はいつ始まる?

聖書の予言によれば、終末の時代は既に始まったと言える。イエス・キリストの再臨に関する最初の予言は、オリーブ山での説教に始まる。イエス様は再臨に先立つ日々をこう告げられた。それはマタイ243644にこう書いてある。

36  ただし、その日、その時が[具体的に]いつであるかは、だれも知りません。天の御使いたちも子も知りません。ただ父だけが知っておられます。
37  人の子[イエス・キリスト]が来るのは、ちょうど、ノアの日のようだからです。
38  洪水前の日々は、ノアが箱舟にはいるその日まで、人々は、飲んだり、食べたり、めとったり、とついだりしていました。
39  そして、洪水が来てすべての物をさらってしまうまで、彼らはわからなかったのです。人の子が来るのも、そのとおりです。
40  そのとき、畑にふたりいると、ひとりは取られ、ひとりは残されます。
41  ふたりの女が臼をひいていると、ひとりは取られ、ひとりは残されます。
42  だから、目をさましていなさい。あなたがたは、自分の主がいつ来られるか、知らないからです。
43  しかし、このことは知っておきなさい。家の主人は、どろぼうが夜の何時に来ると知っていたら、目を見張っていたでしょうし、また、おめおめと自分の家に押し入られはしなかったでしょう。
44  だから、あなたがたも用心していなさい。なぜなら、人の子は、思いがけない時に来るのですから。

マタイ24章の説明から 【終末の時代の兆し】 をより詳しく見てみよう。マタイ24は終末の時代の歴史的背景を詳細に語っている。

イエス・キリストは何日・何時に再臨するかが我々には不明である。それは全能なる天の父しか分からないと、イエス様は言われた。神様が人間に打ち明けられなかったことを、人間は予測してはいけない。使徒行伝17節:

イエスは言われた。「いつとか、どんなとき(具体的の時期や出来事)とかいうことは、あなたがたは知らなくてもよいのです。それは、父がご自分の権威をもってお定めになっています。

それ故に、イエス様の再臨の日付を予測したりする者は神の言葉を逆らう偽りものだ。

しかし、イエス様の再臨を予測するのを神様は禁じられておるが、黙示録の予言を勉強するのもかれの御意思だ。

  1. 黙示録13

この預言のことばを(教会で)朗読する者と、それを聞いて、そこに書かれていることを心に留める人々は幸い(幸せな者)である。(この予言が実現する)時が近づいているからである。

  1. 黙示録227

   見よ。わたしはすぐに来る。この書の預言のことばを堅く守る者は、幸いである。

神様は我らが黙示録の予言を勉強して欲しいだけではない。我らが聖書の全ての予言を把握するのが、神様の望みだ。

  1. テサロニケ人への第1の手紙520

   預言(聖書に書いてある予言、そして神の聖霊が伝えられる警告や指示)をないがしろにしてはいけません。

聖書の文章の28%は予言であることを知っていますか?我らが予言のことを知ってほしくなけ
れば、神様は聖書のほぼ3分の1を予言に費やさなかっただろう。

 

<< Voltar  

Index